若者はいつも悩んでいる

最近の大学生の頭の中です

宇宙から見たらどうでもいい

僕は、信号が変わるのを待ってる数十秒とか 電車が来るまでの数分の間に、ついスマホをいじってしまう。 手持ち無沙汰なかんじ 何もやることがない感じが、どこか嫌なのだ。 他にも、 用事はないけど、意味なく時間を見たりするし いわゆる「よっ友」とすれ…

留学を「決断」してはいけない

あの時の自分に言ってやりたい。「決断」しちゃいけないってことを。

パンダ的日常

いつも、パンダが、ヘルプミー。

あなたは歯磨き粉で顔を洗ったことはあるか

あなたは洗顔と歯磨き粉を間違えて、顔を洗ったことはあるだろうか もちろん僕はそんな愚行を犯したことはない。 お風呂に入る時に、歯を磨く習慣があったとしてもそんなことするもんか。 手のひらに出した流動体が、いつもより白っぽくでザラザラとしてても…

アンジャッシュ渡部的ブックレビューが書けないから、石原さとみ的ブックレビューを書くことにする

ご無沙汰です。 アンジャッシュの渡部みたいになりたいです。 僕も彼みたいに、本の(彼の場合は映画だけど)面白いところをエッセンスにして 映画の予告編みたいに伝えて 「おぉ、すげえ。コレ見たい」 と思わせるようなブックレビューが書きたいです。 が…

「英語学科だから、英語を生かす仕事がしたい」は違うと思う

最近は、夜遅くまで学校にいることが多いけんです。 先日、学校帰りにふと顔を上げると 街灯に照らされた街路樹とその影が綺麗だったのでとりました。 彼女のいない寂しいカメラロールも、これで少しは華やかに 、とはなりませんでした が、 最近、こういう…

イケメンになりそこねる

みなさん覚えているだろうか 数年前 児童養護施設に差出人不明の多額のお金が寄付されたというニュース 漫画タイガーマスクに登場する プロレスのファイトマネーを孤児院に寄付する 心優しき主人公、伊達直人、になぞらえて、このニュースは話題になった あ…

右と左も、数も、色を表す言葉もないピダハンのはなし①

「ピダハン」という 今月の10冊の3冊目の本が あ ま り に も 面白かったので、レビューしていきたいと思います。 右と左の概念も 数の概念も ましてや、 色を表すことば さえない そんな言語をあやつるアマゾンの少数部族 ピダハンとは... 目次(押したら飛…

スクランブル交差点の真ん中で本が読みたい

スクランブル交差点の真ん中で本が読みたい ほんとにやってみようか思っている そんな白い目で見ないでほしい これだけバカなことを言うのだから、 それなりの理由があるのだ。 一緒にひとつずつ、紐解い..付き合ってくれれば幸いだ。 目次(押したら飛びま…

「このハゲーーーー」で話題の豊田議員が思い出させてくれた、ある名言のはなし、をするけん

こーーのーハーーゲーーー ちーがうだろーーーー ちがうだろ!!!!!! 「。。。。 おいおい、まじかよ。」 と、最近youtubeの動画で豊田議員の騒動を知った、けんです。 ツッコミどころ満載のニュースですが 今日は、彼女を責める記事ではなく、 彼女を見…

"冷静と情熱のあいだ" を読んだけん

小説っていいよね。

小林麻央さんの訃報を聞いて思ったこと

小林麻央さんが亡くなった34歳だったそうだ。若いなと思った。 当たり前だが僕は一度も彼女にあったことはない。 ましてや大学に入ってからテレビは置いてないので 彼女の姿はテレビでもずっと見ていない(テレビには出演していなかったのかもしれないが) 彼…

冒頭の一文があまりにも美しくて、

海を分母に、空を分子にしたら、1を超えるのだろうか 本の面白さは書き出しで決まると僕は思う冒頭の一文は僕が最近一目惚れした書き出しだ。 水平線で区切られた海と空の情景は僕の頭に張りついて、なかなか離してくれなかった 「今でしょ!」で有名な林修…

他人の本を読む最強のメリット

【他人の本を読むこと】 祖父が亡くなったのは3年前。 本の虫だった祖父が残した本を僕はいくつか持ち帰っていて、その中の一冊を英語のエッセイの文献として読んでいる Wired For War :ロボット兵士の戦争 という本だ。 内容もさながら、ひとつおもしろい…

ブログはじめます

ブログはじめます いろいろ書きます 2017.6.18